女性用媚薬の効果は排卵日直前の欲求不満に近い効果があります。

MENU

女性用媚薬の効果

女性用媚薬の効果は間違いなく高いです。
ですが、それは良質な媚薬を使用した場合に限られます。
どんな女性とでも簡単にセックスできる、というようなアピールをする媚薬は警戒した方が良いでしょう。

 

そもそも女性用媚薬の効果は、性欲を高めるのがメインとなります。
性欲が高まったからと言って、近くに居る男性と見境なしにセックスすることはあり得ません。
媚薬に夢を見ないように、どのような効果があるのかを把握しておきましょう。

 

まず、女性には生理の関係で1ヶ月の間に性欲のムラが存在しています。

生理の周期に合わせて性的欲求が高い時低い時があるのです。
これは女性のホルモンバランスで変化するのですが、媚薬を使うと強制的に性的欲求が高まります。ホルモンバランスを媚薬で調整した結果だと言えるでしょう。

 

そのため生理前の数日に媚薬を使用すると、通常時よりも高い効果が得られるようになります。

 

排卵前は自然とセックスしたい衝動に駆られており、それを媚薬で解き放ってあげるのが良いでしょう。逆に排卵直後だと媚薬を使っても、そこまで高い効果が得られないかもしれません。
女性の体質などに影響するので、媚薬を使う際には参考にしてみてください。

 

媚薬を使うと女性の性的欲求が高まるのは前述した通りです。
その仕組みですが、これはエストロゲンテストステロンが大きく関係しています。
排卵日が近くなるとこの2つの性ホルモンの分泌が増えます。
女性は性ホルモンの分泌に合わせて性的欲求が高まるのです。
この排卵日前の欲求不満を疑似的に作り出すのが媚薬だと考えても良いでしょう。
媚薬にはエストロゲンとテストステロンの分泌を促すものも多く、それこそが良質な媚薬の証とも言えます。

 

 

女性用媚薬の効果はこのようなものです。
単純に興奮するだけの薬ではなく、しっかりと女性の身体の仕組みに適した形になっているのです。女性を性的に興奮させて熱い夜を過ごすためにも、媚薬の効果はエストロゲンとテストステロンに作用するものを選んでみましょう。