女性を大胆にさせる、性的な羞恥心を一時的に忘れさせるなど効果のある女性用媚薬の成分をまとめました。

MENU

女性用媚薬に含まれる成分

女性用媚薬にはどんな成分が含まれているのでしょうか?
興奮する性質があるなんて、危ない成分なのでは無いかと思うこともあるでしょう。
しかし、女性用媚薬に含まれる成分は至って普通のものです。

 

 

一般的な媚薬に含まれる成分ですが、マカ、ガラナ、スッポン、サソリなどが挙げられます。これらは滋養強壮の効果があり性ホルモンの分泌を促します。
徐々に体が温まって行くのと同時に性的な興奮も高まるのです。

 

テストステロンアルギニンも含まれており、これらが女性を大胆にさせる重要な役割を果たしています。男性ホルモンの分泌が促されることで、女性は驚くほど外交的になります。

 

トンカットアリというハーブは代表的で、性的な羞恥心を一時的に忘れさせる効果があります。

 

コブラも媚薬の成分としては一般的でしょう。
毒性の強い蛇という印象が広まっていますが、精力増強や滋養強壮の効果はかなり高いです。良質のアミノ酸やコエンザイムも豊富で、性欲に関わる細胞を活性化させます。

 

マムシも毒蛇ですが、精力剤に使われるのは有名です。
上質のアミノ酸やミネラルが豊富で、漢方にも取り入れられる成分です。

 

マカはペルーが原産になっている野菜です。
アルギニンが豊富で精力剤に良く使われていますし、滋養強壮の効果もあります。
これが媚薬に含まれていると、女性を行動的にしやすくなるのです。
解放的な気持ちになった女性に行動力が加わると、セックスへ繋がりやすくなります。

 

ガラナには良質なカフェインが含まれており、血行を促進させる効果があります。
血液の循環が良くなれば疲労回復効果が生まれ、女性を興奮しやすい状態に出来るのです。一時的に疲れを忘れさせるため、貪欲なセックスを行うのに適しています。
健康食品にも使われるので安心な成分だと言えるでしょう。

 

 

媚薬を購入する上で、含まれる成分は非常に大切です。
詳しい人なら成分を見ただけで効果が高いか低いかを見分けられるほどです。
どんな成分が媚薬として効果が高いのか覚えておくと良いでしょう。